Fitbit Versa 2は常時画面表示モードに対応、文字盤のデザインを変更してお洒落で快適に使いこなそう!






この記事では、スマートウォッチFitbit Versa 2の3種類の画面表示モード(常時、自動、マニュアル)の特徴と、画面の文字盤をカスタマイズする方法をご紹介します。

Fitbit Versa 2を買おうかどうか迷っている人で、新機能として追加された「常時画面表示モード」が本当に便利なのかどうか、気になりませんか?

そして、Fitbit Versa 2の顔とも言える画面の文字盤がどのようにカスタマイズできるのか、気になりませんか?

公式ホームページにはほとんど情報がないので、実際にFitbit Versa 2を使っている僕が画像入りで詳しくご紹介します。

Fitbit Versa 2の画面表示の設定は3種類ある

Fitbit Versa 2では新機能として「常時画面表示モード」が追加されました。これはApple Watch Series 5(最新モデル)でも採用された機能です。

実は僕がFitbit Versa 2を購入したのも、この「常時画面表示モード」が決め手です。

画面表示モードには「常時画面表示モード」以外にも、普段は画面表示が消えていて、画面を見る動作をした時だけ画面が表示される「動作(自動)モード」、ボタンを押した時だけ画面が表示される「マニュアル(ボタン)モード」があります。

  • 常時画面表示モード
  • 動作(自動)モード
  • マニュアル(ボタン)モード

これら3つの機能を詳しく見ていきましょう。

普段の腕時計としての使用は「常時画面表示モード」

Fitbit Versa 2の新機能「常時画面表示モード」は、文字通り常時画面が表示されるモードです。

消費電力を抑えるため、表示される画面は黒背景に日付と時刻だけのシンプルなものになっています。

以前のモデルは常時画面表示に対応しておらず、時刻を確認したいときにすぐに確認できず、腕時計としては少し使いにくいことがありました。

何か作業をしていて時刻を確認したいときに、画面をチラ見しても時刻を確認できないんです。

でも、「常時画面表示モード」に対応しているFitbit Versa 2では常時画面が表示されているので、時刻を知るための腕時計としての機能は100点満点です。

最新のApple Watch Series 5でも「常時画面表示」に対応したので、この機能のニーズは高かったんでしょうね。

通常の文字盤に戻すには左のボタンを押すだけ

「常時画面表示モード」はシンプルな表示のため、心拍数や歩数が表示されません。

左のボタンを押すと通常の文字盤になります。

そして、しばらくするとシンプルな表示に戻ります。

運動をしていない時は心拍数や歩数などの活動量を確認する必要はないので、シンプルな表示でも問題ありません。

常時画面表示モードのデメリット

常時画面が表示されているということは、バッテリーの減りが少しだけ速くなるというデメリットがあります。

しかし、実際に「常時画面表示モード」にして過ごしてみたところ、1時間に1パーセントくらい減る程度なので、バッテリーの持ちはまったく問題ありません

ウォーキング、ジョギングなどの活動中は「動作(自動)モード」

このモードは通常は画面が消えていますが、手首をひねって画面を見る動作をすると自動で画面が表示されます。

ウォーキング中に画面を見る動作をするだけで心拍数や歩数が確認できるので、アクティビティー中は「動作(自動)モード」がおすすめです。

先ほど説明したように「常時画面表示モード」はシンプルな表示のため、心拍数や歩数が表示されません。

これではウォーキングやジョギング時に活動量のデータが確認できないので不便です。画面を表示するために左のボタンを押すのも面倒ですからね。

そのため、ウォーキング、ジョギングなどの活動中は「動作(自動)モード」が便利です。

絶対に表示させたくない時は「マニュアル(ボタン)モード」

このモードは通常は画面が消えていて、左のボタンを押したときだけ画面が表示されます。

正直なところ「マニュアル(ボタン)モード」の使い道はほとんどありません。「動作(自動)モード」で十分です。

絶対に画面を表示させたくないという場面があればいいのですが、僕にはそんな場面は思いつきませんでした。

画面の文字盤を自分好みにカスタマイズする

「常時画面表示モード」のシンプル表示は変更できませんが、通常の画面のデザインはスマホのFitbitアプリから様々なデザインをダウンロードすることができます。

Fitbit

Fitbit

posted withアプリーチ

文字盤のデザインを変更するには、Fitbitアプリをスマホにインストールして、BluetoothをONにしてスマホとFiibit Versa 2を接続しておきます。

Fitbitアプリの左上のアイコンをタップします。

するとアカウント画面になるので、「スマートウォッチappと文字盤」をタップします。

アプリと文字盤の検索画面になるので「文字盤」の「すべて表示」をタップします。

すると、文字盤のサンプルが表示されます。

文字盤のデザインは何百種類もあるので、自分の気にいるデザインを探してみましょう。無料のデザインもたくさんあります。

デザインが決まったら「アプリを開く」をタップします。

Bluetooth接続されていれば、自動的にデザインのインストールが始まります。インストールに要する時間は画像サイズにもよりますが、30秒〜60秒くらいです。

インストールが完了すると、Watchの画像が自動で変わります。

シンプルなものもあります。

まとめ

Fitbit Versa 2は「常時画面表示モード」に対応したので、常に時刻を表示させておくことができます。

僕は仕事中もFitbit Versa 2を装着していますが、仕事中は「常時画面表示モード」のおかげで腕時計としても快適に使用できます。

そして、ジョギングやウォーキングなどのアクティビティ中は「動作(自動)モード」にして、心拍数、歩数、消費カロリー数などを表示できるようにしています。

一日24時間、日常生活のすべての場面に対応しているのが嬉しいですね。

さらに、スマホのFitbitアプリを使えば手軽に文字盤のデザインを変えることもできるので、普通の腕時計とは違った楽しみ方が、このFitbit Versa 2にはあります。

僕はこのFitbit Versa 2を買って大満足です。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA