1. ホーム
  2. ITガジェット
  3. Surface
  4. ≫WIndowsでマウスのスクロールを逆にする方法「Microsoftマウスキーボードセンター」で解決!

WIndowsでマウスのスクロールを逆にする方法「Microsoftマウスキーボードセンター」で解決!





この記事では、Windowsのマウスのスクロールの方向を上下逆にする方法を紹介します。

スマホ、タブレット、Macは画面やマウスを上にスクロール(スワイプ)すると、紙をめくるのと同じように同じ方向にページがスクロールします。直感的ですね。

でも、Windowsはマウス(のホイール)を上にスワイプすると逆方向にページがスクロールしてしまいます。直感と逆の感覚なんです。

そのため、Windowsを使っているとスクロールの方向感覚が狂ってしまい、違和感を感じている人もいるのではないでしょうか。

その違和感は、マイクロソフトから配布されている「Microsoftマウスキーボードセンター」という無料アプリを導入し、マイクロソフト製のマウスを使うことで簡単に解決することができます。

マウスは使用頻度が高いので、快適に使えるようになると操作のストレスも減りますよ!

スポンサーリンク

Windowsでマウスのスクロールを逆にする手順

Windowsのコントロールパネルのマウスの項目には、マウスのスクロールの方向を逆にする設定がありません。

そのため、マイクロソフトから無料で配布されている「Microsoftマウスキーボードセンター」というアプリを導入し、そのアプリに対応するマイクロソフト製のアプリを使う必要があります。

手順としてはたった2つです。

  • 「Microsoftマウスキーボードセンター」を導入する
  • 「Microsoftマウスキーボードセンター」の対応マウスを使う

それでは、詳細を説明していきます。

「Microsoftマウスキーボードセンター」を導入する

「Microsoftマウスキーボードセンター」は、マイクロソフト製のキーボードとマウスを設定するためのアプリです。

マイクロソフトの公式ホームページから無料でダウンロードできます。

「Microsoftマウスキーボードセンター」のダウンロードページ

アプリをインストールするとスタートメニューに「Microsoftマウスキーボードセンター」が追加されます。

「Microsoftマウスキーボードセンター」をクリックすると以下の設定画面が開くので、ホイールを選択します(先にマウスを接続しておく必要があります)。

すると、ホイールの設定画面になります。ここに「スクロール方向の反転」という項目があるので「オン」に変更します。

これでマウスのスクロールが逆方向になります。簡単ですね。

「Microsoftマウスキーボードセンター」の対応マウスを使う

「Microsoftマウスキーボードセンター」ではすべてのマウスを設定できるわけではありません。マイクロソフト製の限られたマウスだけを設定できます。

「Microsoftマウスキーボードセンター」に対応しているマウスは、マイクロソフトのサポートページで確認することができます。

「Microsoftマウスキーボードセンター」のサポートページ

この中で僕がおすすめするマウスを2つ紹介します。

価格と性能のバランスが最高、Bluetooth対応の「Bluetooth Mobile Mouse 3600」


この「Bluetooth Mobile Mouse 3600」はBluetooth接続なのでUSB端子を使いません。

USB端子が一つしかないSurface Laptop 2など、モバイル向けのノートパソコンと一緒に使う場合に適しています。

また、センサーに青色LEDを採用しているので、どんな机の上でもスムーズにカーソルを移動させることができます。

その他にも、4方向のチルトスクロール対応なので、上下左右にスクロールすることができて便利です。

僕も使っていますが、とても快適です。

低価格でコスパ重視、USB対応の「Wireless Mobile Mouse 3500」


この「Wireless Mobile Mouse 3500」はUSB小型レシーバー式のワイヤレスマウスです。

USBタイプのものは低価格なので、コストパフォーマンスを重視したい人はこちらがおすすめです。

その他のマウスは?

マイクロソフト製のマウスは使いやすいことで定評があるので、基本的にはどのモデルを選んでも問題ないです。

先ほど紹介したマウス以外にも「Arc Mouse」というスタイリッシュでかっこいいマウスもあります。僕の手の感触には合いませんでしたが…。

マイクロソフト
¥8,143 (2019/02/20 11:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

心配な人はオーソドックスな「Bluetooth Mobile Mouse 3600」か「Wireless Mobile Mouse 3500」をおすすめします。いずれも「Microsoftマウスキーボードセンター」に対応しています。

まとめ

Windowsのマウスのスクロール方向はMacやスマホと逆ですが、それはそれで慣れてしまっているかもしれません。

でも、試しに「Microsoftマウスキーボードセンター」とマイクロソフト製の対応マウスを使ってスクロール方向を変えてみてみましょう。

最初の数日は違和感があるかもしれませんが、すぐに「直感的で使いやすいかも」と感じるようになりますよ。おすすめです!

「Microsoftマウスキーボードセンター」のダウンロードページ

「Microsoftマウスキーボードセンター」のサポートページ

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

Surface コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA