1. ホーム
  2. 日常生活
  3. クレカ・株・電子マネー
  4. ≫僕のメインのクレカはJCBゴールド、Amazonのポイントupが超お得!保険や補償も充実でプライオリティ・パスも入手可能

僕のメインのクレカはJCBゴールド、Amazonのポイントupが超お得!保険や補償も充実でプライオリティ・パスも入手可能






メインに使うクレジットカードを選ぶとき、どんな点に注目していますか。デザイン、ポイント還元率、年会費無料、よく行くお店のカード…。

人によって注目する点は異なると思いますが、あれこれ悩んでしまうと選ぶのが面倒になってしまいます。

クレジットカードって何百種類もありますからね。

そんな数多くあるクレジットカードの中から、僕がメインで使うのに自信を持っておすすめするクレジットカードを紹介ます。

一度クレジットカードを作ってネットショップや各種サービスに登録すると、あとで別のブランドのカードに変更するのが面倒なので、一生使えて信頼できるクレジットカードを選びましょう。

スポンサーリンク

一生使うメインカードはJCBゴールドがおすすめ、トラブル時にも抜群の信頼感

JCBカードには申し込み可能なグレードが3種類あります。

JCB一般カード JCBゴールド JCBプラチナ
本会員
年会費(税別)
1,250円 10,000円 25,000円
家族会員
年会費(税別)
400円 1名無料
2人目〜1,000円
1名無料
2人目〜3,000円
旅行傷害保険 海外 最高3,000万円
国内 最高3,000万円
海外 最高1億円
国内 最高5,000万円
海外 最高1億円
国内 最高1億円
ショッピング
ガード保険
海外 最高100万円 海外 最高500万円
国内 最高500万円
海外 最高500万円
国内 最高500万円
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

 
この中で僕の一番のおすすめは「JCBゴールド」です。年会費が1万円かかりますが、それに見合うだけの価値があります。

僕もJCBゴールドを使っていますが、家族会員が1名まで無料なので妻は無料でJCBゴールドを使っています。

家族がいればよりお得ですが、一人で使う場合でもこれから説明する理由でとてもおすすめできるクレジットカードです。

条件クリアでワンランク上のJCBゴールド・ザ・プレミアに切り替え可能

JCBゴールドカードで2年連続で100万円以上利用すると、ワンランク上の「JCBゴールド・ザ・プレミア」に招待されます。

このカードは招待制で誰でも持てるわけではないので、ステータスは抜群です。

僕はデパートやブティックなどで買い物をするときは、このカードを使うようにしています。

カードのデザインは高級感があるにも関わらず落ち着いていて、一生使い続けたくなるクレジットカードです。

そして「JCBゴールド・ザ・プレミア」になると、海外の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」が無料で手に入ります。

プライオリティ・パスがあれば世界中の約1,000か所の空港ラウンジが無料で利用できるようになるので、海外旅行に行く人にとってはとても魅力的です。

海外旅行保険やショッピング補償が充実していて年会費の元は取れる

JCBゴールドはJCB一般カードとは異なり海外旅行保険ショッピング補償などの保険が充実しています。

海外旅行障害保険の内容

海外旅行保険はJCB一般カードが利用付帯なのに対し、JCBゴールドは自動付帯なので、保険の条件を気にする必要がありません。

利用付帯:旅行代金等をJCBカードで支払った時に限り保険が有効
自動付帯:JCBカードを使わなくても自動的に保険が有効

JCB一般カード
(利用付帯)
JCBゴールド
(自動付帯)
死亡
後遺障害
3,000万円 5,000万円(未利用時)
1億円(利用時)
障害治療費用
(ケガの治療)
100万円 300万円
疾病治療費用
(病気の治療)
100万円 300万円
賠償責任 2,000万円 1億円
携行品損壊 20万円 20万円
救援者費用等 100万円 400万円
補償対象
旅行期間
3ヶ月 3ヶ月
公式HP 公式HP 公式HP

 
JCBゴールドの補償内容であれば、台湾などの旅行時に他の海外旅行保険に入らなくても十分な補償金額ですね。

JCBゴールドには本会員、家族会員以外にも家族特約もあるので、年一回海外旅行に行けば年会費の元は取れてしまいます。

プライオリティ・パスや海外旅行保険などのサービスが充実しているので、海外旅行に行くなら、絶対、JCBゴールドです。

なお、欧米ではJCBカードが使えないところもあるので、VISAカードやMasterカードも一緒に持って行く必要があります。

ショッピングガード保険の内容

JCB一般カード JCBゴールドカード
死亡
海外
100万円限度 500万円限度
国内 500万円限度
自己負担額 10,000円 3,000円
公式HP 公式HP 公式HP

 
ショッピングガード保険はJCBカードで購入した商品が購入日から90日以内に偶然の事故によって損害を被ったときに補償される保険です。

例えば、JCBカードで買ったカメラが偶然の事故で壊れたときなどです。外に持ち歩くような物にはとても頼もしい保険です。

僕がJCBゴールドカードを持つようになったきっかけ

僕はもともとメインカードとして三井住友VISAカードを使っていましたが、台湾旅行の準備でたまたま訪れたスーツケースのお店で、

初年度は年会費が無料で、海外旅行保険が充実しているので、すぐに元が取れますよ!

という甘い言葉で妻がJCBゴールドの入会を勧められて、僕が入会しました(妻は家族会員)。

僕はすでにメインのクレジットカードを持っていたので、正直言うとJCBゴールドカードを作りたくなかったのですが、今思えばJCBゴールドにして正解でした。

その後、JCBゴールドをメインで使い続けた結果、今は招待制のJCBゴールド・ザ・プレミアのカードを使っています。もちろん、プライオリティ・パスも手に入れました。

やっぱり、プライオリティ・パス海外旅行保険は魅力的なので、これからもJCBゴールド・ザ・プレミアは僕のメインのクレジットカードです。

Amazonでの買い物はポイントが大幅アップするのでとてもお得

JCBカードはAmazonなどのパートナー企業で利用するとポイント(OkiDokiポイント)が2倍以上になり、ポイントがたくさんたまります。

Amazonの場合はポイント3倍です。

また、海外で利用すると付与されるポイントが2倍になりますが、日本のAmazonで買い物をしてもポイントが2倍になります。

つまり、JCBカードを使ってAmazonで買い物をするとポイントが4倍になる計算です。

しかも、年間利用額に応じてポイントアップするので(僕の場合は60%アップ)、Amazonでの買い物はポイント4.6倍になります。

JCBカードの基本的なポイント還元率は0.5%なので、ポイント還元率は2.3%(1万円の利用で230円分のポイント付与)になります。

2.3%というのは業界最高水準のポイント還元率です。Amazon利用者は必携です。

住む場所、住む環境が変わっても使い続けられるのがJCBゴールドの魅力

メインで使うクレジットカードはネットショップやオンラインサービスに登録したりするので、頻繁に種類を変えるものではありません。

例えば、近所のガソリンスタンドや近所のショッピングモールのクレジットカードをメインのカードにすると、引っ越したりして環境が変わったときに、まったく意味のないカードになってしまいます。

でも、JCBカードなら日本国内にいる限りどこに住んでいようと、どんな職業についていようと、環境に左右されずに一生使い続けることができます。

特にJCBゴールドは年会費こそかかりますが、それに見合ったサービスが受けられるので、僕が一番おすすめするクレジットカードです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA