1. ホーム
  2. ITガジェット
  3. Mac
  4. ≫Macを新しく購入した時にiMovieなどの標準アプリのアップデートができない時の対処法

Macを新しく購入した時にiMovieなどの標準アプリのアップデートができない時の対処法






この記事では、新しいMacを購入した時にiMovieなどの標準アプリがアップデートできない問題を解決する方法を紹介します。

新しいMacを購入してしばらく使用していたら、以下の4つのアプリにアップデートの通知がきました。

  • Keynote
  • Pages
  • Numbers
  • iMovie

そして、App Storeを開いてアップデートしようしたら以下のメッセージが表示されました。

「一部のAppをアップデートできません」

メッセージをよく読むと、以下の文章が書いてあります。

これらのAppをアップデートするには、App StoreのアカウントページでこれらのAppを受け取る必要があります。

アプリケーションフォルダを見ると対象のアプリはすでにあるので、意味不明なメッセージですね。

結局、アップデートできないまましばらく時間だけが過ぎて行きました。

スポンサーリンク

App Storeのアカウントにログインしてアプリを受け取る

App Storeの左下に自分のアカウントのアイコンがあります。そこをクリックするとアカウントの画面になります。ここに「受け取る」ボタンがありました。

「受け取る」ボタンをクリックするとApple IDでのログインが求められます。IDとパスワードを入力すると、iMovieなどのアプリが購入済みになります。

App Storeでアプリを受け取るとアップデートできる

App Storeにログイン後、左の列のアップデートを選択して、右上の「すべてをアップデートする」をクリックすると無事にアップデートできます。

まとめ

結局のところ、アップデートできなかった原因はApp Storeでアップデート対象のアプリを受け取っていなかったからです。

Apple標準アプリはApp Storeを経由してApple IDで関連づけられているので、App StoreにログインしてApple IDと関連づけておかないとアップデートできないということですね。

参考にして頂ければ幸いです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

Mac コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA