1. ホーム
  2. メディア
  3. 電子書籍
  4. ≫電子書籍に最適なのはスマホ?タブレット? 私のおすすめの10インチのタブレットで快適な読書生活を!

電子書籍に最適なのはスマホ?タブレット? 私のおすすめの10インチのタブレットで快適な読書生活を!





アマゾンKindle、楽天kobo、楽天マガジン、ドコモdマガジン…。みなさん、電子書籍は使ってますか? 僕はKindle unlimitedと楽天マガジンに登録し、毎日電子書籍を楽しんでいます。でも、

「電子書籍ってどこでも読めて便利だけど、スマホだと画面が小さっ!」

と感じたことはないでしょうか? スマホの画面だとちょっと小さいですよね。

「小説は問題ないけど、雑誌はちょっとキツイかも。」

画面が小さいと目も疲れるし、読みにくいし。そんな僕は電子書籍用に10インチのタブレットを使っています。とても快適です。

そこで、今日は電子書籍が快適に読めるタブレット端末を紹介したいと思います。お値段もお買い得です!

スポンサーリンク

電子書籍にはスマホとタブレットのどちらがいいの?

僕はスマホを1台とタブレットを2台持っていて、用途に応じて使い分けています。

「えっ、スマホが1台あれば大丈夫でしょ!」

と思う人もいると思いますが、用途に応じて使い分けた方が断然快適です。実際に僕がどのように使い分けているか紹介したいと思います。

(注)ディスプレイの色合いの違いはそれぞれの明るさ、色合いの設定が異なるためです。いずれの端末も自分好みに設定可能です。

5インチのスマホは小説に最適

スマホではアマゾンのKindleなどで小説を読むのに便利です。

小説ならレイアウトを気にせず拡大して読めますし、文字の大きさも調整できるので問題ありません。むしろ、ページめくりが片手(親指)でやりやすいので5インチくらいの大きさがベストです。

でも、コミックとか雑誌は文字が小さくて読みにくいですし、拡大すると絵や写真が入りきらないので読みにくいです。

7インチのタブレットはコミックに最適

7インチのタブレットではコミックを読むのに便利です。

7インチだとちょうどコミックのサイズなので快適に読めます。もちろん「大は小を兼ねる」ので小説にもオススメです。

また、7インチのサイズは持ち運びにも便利なので、外出先で楽天マガジンなどの雑誌を読みたい時にも使えます。ただ、雑誌を読むには画面が小さくて少し不便なので、あくまでも外出用です。

10インチのタブレットは雑誌に最適

10インチのタブレットは楽天マガジンなどの雑誌を読むのにものすごく便利で快適です。

1ページ全体が画面内に入るので読みやすいですし、絵や写真は大きい方が迫力があります。なので、雑誌などの写真が多い電子書籍には10インチくらいのタブレットが最適です。

「えっ、でも画面が大きいと値段も高いでしょ?」

と思うかもしれませんが、実際はそうでもないんです。タブレットの世界では大きい方が値段が安かったりするんです(もちろんiPad Proのようにものすごく高いものもありますが…)。

なお、10インチのタブレットで小説を読むのはやめた方が良いです。

なぜかというと、小説を読んでいて文末から隣の列の文頭に視線を移動するときに、画面が大きすぎてどの列がわからなくなってしまうからです。これはかなりのストレスになります。

電子書籍にオススメの10インチのタブレット

10インチくらいのタブレットはAppleのiPad(9.7インチ)が有名ですが、一番安いモデルでも37,800円とものすごく高いです。電子書籍のためだけにiPadを買うのはちょっとお財布に優しくないですね。

でも、iPad以外にも10インチクラスのAndroidタブレットが何種類か販売されています。

まずはどんなものがあるか見てみましょう(比較したメーカーはかなり僕の好みが入っています…)。

iPad MediaPad M3 Lite 10 MediaPad T2 10.0 Pro ZenPad 3S 10 ASUS ZenPad 10
公式サイト
メーカー Apple Huawei Huawei ASUS ASUS
画面サイズ 9.7インチ 10.1インチ 10.1インチ 9.7インチ 10.1インチ
解像度
2048 x 1536
1920 x 1200
1920 x 1200
2,048 × 1,536
1,280 × 800
OS iOS Android 7.0 Android 5.0 Android 6.0 Android 5.0
指紋センサー
価格
41,400円
24,800円
26,800円
30,500円
24,800円
総合評価 星4個 星45個 星4個 星4個 星3個
チェックする Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon

 
電子書籍の用途では画面の解像度は最優先です。FHD(1920 x 1080ドット)あれば十分ですが、それ未満だと画面のドットが見えてしまうのでこれは譲れない項目です。

この時点でZenPad 10は落選です。

電子書籍用途ではCPUなどのスペックはそれほど必要としないので、あとは値段で選んでも大丈夫です。厳密にはメモリの搭載量とか画面の表面処理(耐油コーティング)などもありますが、挙げればきりがありません。

この中で実際に僕が使っているのはHuaweiのMediaPad T2 10.0 Proです。

MediaPad T2 10.0 Proを使用した感想

このMediaPad T2 10.0 Proは10インチのフルHD解像度の画面で色も鮮やかなので、文字や写真がとても見やすいです。電子書籍に最適です。

内蔵メモリは16GBと控え目ですが、microSDカードでメモリを増やせるので、ファイルサイズが大きい雑誌などの電子書籍には嬉しい機能です。

このタブレットは「読書モード」という機能が付いていて、画面から出るブルーライトをカットしてくれるので目に優しいんです。まさに電子書籍のためのタブレットです。

しかも、臨場感あふれるステレオスピーカー付きなので、YouTube動画や映画も大画面、大迫力で楽しめます。電子書籍だけではなくマルチメディア端末としても大活躍です。

これで2万円台なんて嬉しい価格設定です。なお、最近では新しいモデルのMediaPad M3 Lite 10の方が安くなっているので、こちらの方がよりオススメです。

まとめ

いかがでしたか。この10インチのMediaPad T2 10.0 Proは僕も使っていますが、値段はiPadの半額近いにもかかわらずとても快適で大満足です。

また、最新モデルのMediaPad M3 Lite 10も安くなってきたので、こちらの方がより良いでしょう。

Huaweiの製品は10インチクラスのタブレットの中で最もコストパフォーマンスに優れているので、電子書籍を利用している人も利用していない人も、使ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA