1. ホーム
  2. 日常生活
  3. 車・カー用品
  4. ≫これで安心!自分でタイヤ交換するのに必要な道具をまとめて紹介します

これで安心!自分でタイヤ交換するのに必要な道具をまとめて紹介します





この前、自分でタイヤ交換して節約しようという記事を紹介しました。スタッドレスタイヤを使う人にとってはタイヤ交換費用って結構かかりますからね。

「でも、タイヤ交換って難しそうだし、素人がやったら危険じゃないの?」

と思うかもしれませんが、そんなことないんです。必要な道具さえ揃えれば自分で簡単にタイヤ交換できます。実際、私は自分でタイヤ交換してますし、手順も守ればタイヤが外れるなんてことはありません。

ということで、これから自分でタイヤ交換をしてみたいという方のために、タイヤ交換に必要な道具を紹介します。それほど高価なものではないし、一度買えばその後何年も使うことができるので、とてもお得ですよ!

スポンサーリンク

タイヤ交換に必要な道具はこれで決まり

ここに挙げたものをすべて揃えれば自分で簡単にタイヤ交換できます。

軍手

軍手は作業する上で基本中の基本です。怪我の予防にもなるのでなるべく厚手のものが良いです。ちょっとした汚れであれば軍手のまま「ササッ」と払えるので、滑り止めはない方がオススメです。

クロスレンチ

タイヤを固定しているナットを素早く回すにはクロスレンチが便利です。車にはナットレンチが標準装備されていますが、正直使いづらいです。作業性が大幅にアップするのでクロスレンチを購入しましょう。

なお、収納に便利は折りたたみ式のクロスレンチというものもありますが、私が購入したものは数年で可動部が壊れました。なので、折りたたまない普通のクロスレンチの方がオススメです。安くて丈夫です!

トルクレンチ

タイヤを固定するナットは適切なトルク(強さ)で締める必要があります。取り付けが弱すぎるとタイヤが外れてしまいますし、強すぎるとタイヤを固定するボルトが折れたりしてしまいます。とても危険です。

でも、トルクレンチがあれば、設定したトルク(強さ)になると「カチッ」と音が鳴って知らせてくれるので初心者でも安心して適切なトルク(強さ)でナットを締めることができます。トルクレンチはタイヤ交換で一番重要な道具なので絶対に準備しましょう。

以下のトルクレンチは私が実際に使用しているもので、とても使いやすいです。

油圧ジャッキ

ジャッキはタイヤ交換する際に車体を持ち上げる(ジャッキアップする)ための道具です。車には手回し式のジャッキが標準装備されていますが、これを使うとメチャクチャ大変です。汗びっしょりになるし、腰は痛くなるし。

でも、油圧ジャッキがあれば片手で簡単にジャッキアップすることができます。これは絶対にあった方が良いです。タイヤ交換にかかる労力が大幅に減らせます。

車輪止め

車輪止めはタイヤ交換時に車が動くのを防ぐために、タイヤ交換していないタイヤにセットするものです。安全のために用意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。初期投資に多少の出費が発生しますが、毎回お店でタイヤ交換をお願いすると、1回あたり約2,000円、1シーズン(夏タイヤ→冬タイヤ→夏タイヤへの交換)で約4,000円かかります。それを考えるとすぐに元は取れますね!

また、普段から自分でタイヤ交換に慣れておくことで、いざパンクした時に自分で簡単にスペアタイヤに交換することもできます。色々な面でメリットが得られるので、これを機に道具を揃えてタイヤ交換にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

車・カー用品 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA