1. ホーム
  2. ITガジェット
  3. Nintendo Switch
  4. ≫スプラトゥーン2で回線落ちの原因は電子レンジかも。WiFiの設定を5GHzに変更してみよう!

スプラトゥーン2で回線落ちの原因は電子レンジかも。WiFiの設定を5GHzに変更してみよう!





この記事では、任天堂スイッチのスプラトゥーン2の回線落ちを防ぐためのWiFiの設定を紹介します。

スプラトゥーン2をやっていると突然仲間の人数が減ってしまうことってありませんか。あれ、つらいですよね。負け確定なので。

実は僕も何回かやらかしたことがあります。バトルの途中で回線落ち(通信エラー)を起こし、バトルから離脱してしまったことが。仲間に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

回線落ち原因のほとんどはWiFiの接続が不安定になって、スプラトゥーン2のプレイに必要な通信速度が得られないことです。

でも、その対策は簡単です。任天堂スイッチのWiFiの接続先を5GHzに変えるだけでいいんです。

たったそれだけで、回線落ちを防ぐことができ、快適にスプラトゥーン2をプレイできるようになりますよ!

スポンサーリンク

スプラトゥーン2の回線落ちの原因は「電子レンジ」かも

電子レンジは周波数が2.45GHzのマイクロ波を発生させて食品を温めます。

この電子レンジの2.45GHzという周波数は、WiFi(無線LAN)の周波数の2.4GHzとほぼ同じなんです。

そのため、WiFiを利用しているときに電子レンジを使うと、WiFiの接続が切れてしまいます。電子レンジが強力な妨害電波の発しているからです。

任天堂スイッチもWiFiでインターネットに接続するので、当然電子レンジの影響を受けます。

食事の準備の時にスプラトゥーン2をやっていて、突然回線落ちしてしまう人は、
その原因のほとんどは「電子レンジ」の妨害電波によるものです。

「でも、電子レンジを使わないわけにはいかないでしょ!」

電子レンジの周波数は2.45GHzで変えることはできませんが、WiFiの周波数には2.4GHzと5GHzがあります。

WiFiの周波数なんて気にしたことない人は、おそらく任天堂スイッチやスマホのWiFiを2.4GHzで接続していると思います。というのも、WiFiの標準が2.4GHzだからです。

任天堂スイッチのWiFi接続の周波数を2.4GHzから5GHzに変更しよう


最近のWiFi機器は2.4GHzだけではなく5GHzにも対応しているので、今使っているWiFi機器のままでも5GHzで接続することができます。

詳しく知りたい人へ
WiFiの規格には何種類かあります。WiFi機器が以下の規格に対応していれば5GHzに対応しています。

  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac

ここ5年以内にWiFi機器を購入していれば、少なくともIEEE802.11nには対応していると思います。

しかし、10年以上前のWiFi機器だと5GHzに対応していない可能性が高いので、WiFi機器を新たに購入することも考えましょう。

任天堂スイッチのWiFi接続を変更する手順

それではここで、任天堂スイッチのWiFi接続を2.4GHzから5GHzに変更する手順を紹介します。

設定に必要なものは以下の2つです。

  • 自宅のWiFiの5GHzのアクセスポイント名
  • 自宅のWiFiに接続するためのパスワード

任天堂スイッチのホーム画面から「設定」を選択します。

「インターネット」の項目から「インターネット設定」を選択します。

自宅のWiFi(無線LAN)の5GHzのアクセスポイントを選択します。多くの場合、末尾に「-5GHz」が付いています。

自宅のWiFiに接続するためのパスワードを入力します。特に設定していなければ2.4GHzと同じパスワードです。

接続が成功すると以下の画面になります。

「インターネット設定」の画面に戻ると「xxxxx-5GHz」に接続されていることが確認できます。

なお、一度アクセスポイントを登録しておけば、次回からは「登録済みのネットワーク」から選ぶだけで接続先を変更できます。

例えば、電波状態が悪い時は電波の良い方のアクセスポイントを選択すると快適にプレイできます。

WiFi接続の周波数を5GHzにするとデメリットもあります

WiFiの接続先を5GHzに変更すると電子レンジの影響を受けなくなるので、スプラトゥーン2を快適にプレイできるようになります。

でも、一つだけデメリットがあります。

実は5GHzの電波は2.4GHzの電波よりも障害物の影響を受けやすいんです。

アパートやワンルームマンションのように障害物がほとんどなければ、まったく問題ありません。

しかし、部屋数の多いマンションや一戸建ての場合、WiFi接続を2.4GHzから5GHzに変更すると、部屋の間仕切りや壁などの障害物の影響で、WiFi電波が部屋の隅々まで届かなくなってしまいます。

せっかく電子レンジの影響を受けなくなっても、電波が弱くなってしまっては本末転倒ですよね。

でもご安心を。そんな時はWiFiの中継器を設置することで、WiFiエリアを拡大することができます。これなら障害物に弱い5GHzでも安心です。

まとめ

スプラトゥーン2のプレイ中に電子レンジを使うと回線落ちしてしまう人は、任天堂スイッチのWiFiの接続周波数が2.4GHzである可能性が高いです。

チームの仲間に迷惑をかけないためにも、そして、ウデマエアップのチャンスを逃さないためにみ、WiFiの接続周波数を5GHzに変更してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

Nintendo Switch コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA