1. ホーム
  2. 日常生活
  3. コーヒー
  4. ≫【サーモスの水筒は保温性抜群】夜までコーヒー、紅茶が美味しく飲めます、ホットもアイスも熱々、冷え冷え!

【サーモスの水筒は保温性抜群】夜までコーヒー、紅茶が美味しく飲めます、ホットもアイスも熱々、冷え冷え!






この記事では、ホットやアイスの飲み物を長時間保温、保冷できる水筒を紹介します。

僕は毎日コーヒー、紅茶、麦茶などを水筒に入れて、会社に持って行きます。缶コーヒーやペットボトル飲料を買うよりも、水筒の方が年間で約4万円くらい節約になりますからね。

でも、水筒だと時間が経つと飲み物がぬるくなって、味が落ちてしまったという経験はありませんか。

僕は何度もそんな経験しました。そして、いろいろな水筒を試した結果、安物の水筒は保温力がまったく無い、という結論にたどり着きました。

水筒の選び方さえ間違わなければ、朝、家で入れたホットコーヒーやアイスティーが夕方まで美味しく飲めるようになります。もちろん、節約にもなりますよ。

スポンサーリンク

水筒の保温力は価格が高いほど優れている

よくホームセンターなどで1,000円くらいの水筒が売られていますよね。あれ、絶対に買ってはいけません

僕は「えっ、超安くない?」って思って、何回買って失敗したことか。安物の水筒って保温力や保冷力がまったく無いんです。

朝、熱々のコーヒーを入れたとしても、お昼前にはぬる〜いコーヒーになってしまいます。

でも、値段が2,000円するメーカー品の水筒は違うんです。夕方まで飲み物の温度が変わらないんです。

水筒の世界では「安かろう悪かろう」なんです。

水筒は一度買えば5年以上は余裕で使えるので、ケチらずにメーカー品の水筒を買うようにしましょう。

水筒は毎日のお手入れが簡単な部品が少ない物がおすすめ

メーカー品の水筒にもいろいろ種類があります。片手でボタンを押すだけでフタが開いて飲めるもの、両手でフタを回して開けるものなど様々です。

片手で開けるタイプの方が楽に飲めますが、その分、部品の数が多くなりがちです。部品の数が多いと水筒を洗うのにかなり手間がかかります。

画像引用元:https://www.thermos.jp

一方、両手でフタを回して開けるタイプは、構造がシンプルなので部品が少なく、水筒を洗うのがラクです。


画像引用元:https://www.thermos.jp

毎日使うものであれば、お手入れがラクな方が絶対におすすめです。お手入れが面倒だと、使うのがイヤになってしまいますからね。

僕のおすすめはサーモスかタイガー魔法瓶の水筒です

水筒を選ぶ上で重要なポイントは先に述べた通りですが、僕がおすすめするのは以下のサーモスとタイガーの水筒です。

理由は保温性能が抜群に良く、デザインも素敵だからです。

商品名 真空断熱ケータイマグ 真空断熱ケータイマグ サハラマグ夢重力 サハラマグ夢重力
型番 JNO-501 JNO-351 MMZ-A050 MMZ-A035
公式サイト
メーカー サーモス サーモス タイガー タイガー
サイズ 500 ml 350 ml 500 ml 350 ml
重さ 0.21 kg 0.17 kg 0.19 kg 0.17 kg
サイズ 7×7×21.5cm 6.5×6.5×19.5cm 6.6×6.6×21.6cm 6.6×6.6×16.4cm
特徴 シンプル構造でお手入れ簡単 シンプル構造でお手入れ簡単 マグカップのようななめらか飲み口 マグカップのようななめらか飲み口
価格 1,973円 1,757円 1,885円 1,983円
チェックする Amazonをみる Amazonをみる Amazonをみる Amazonをみる

 

この中でも特に僕が皆さんにおすすめしたい水筒はTHERMOS(サーモス)の真空断熱ケータイマグです。

僕が持っているのは旧モデルのJMZ-***という型番ですが、現在販売されている新モデルの型番は500mlのJNO-501と350mlのJNO-351です。色は何種類かあります。

この水筒のオススメのポイントは以下の通りです。

デザインがシンプルでスタイリッシュ

このサーモスの水筒は落ち着いた色合いで、持っていると「ちょっとかっこいいかも。」と思えるデザインです。

服装やバッグなどのデザインにこだわるように、水筒のデザインにもこだわると、「あっ、あの人、いいセンスしてるなぁ。」と思われること間違いありません。

朝入れたホットコーヒーが夕方でも熱々のまま

このサーモスの水筒はデザインだけではなく機能性も手抜きはありません。朝、熱々のコーヒーを入れて会社に持って行くと、なんと、夕方になっても熱々のままなんです!(フタを開けない場合)

「そんなの信じられな〜い。」

と思うかもしれませんが、それくらい保温性は抜群です。実際に僕は毎日、夕方に熱々の紅茶を飲んでますよ!

部品が少なく、洗うのがとっても簡単

このサーモスの水筒は洗うのがとっても簡単なんです。フタの部品が4個あるのですが、フタの構造がとてもシンプルなんです。

そして、ゴムパッキンが素晴らしいです。普通、水筒のゴムパッキンはすぐに汚れがこびり付いてしまいます。

しかし、サーモスの水筒のゴムパッキンは表面に特殊な処理がしてあるらしく、僕は5年間毎日この水筒を使っていますが、コーヒーや紅茶の汚れが簡単に落ちます。おかげで、僕のサーモスの水筒は今でもピカピカです。

交換部品を買うことができる

万が一、ゴムパッキンが壊れてしまったり、汚れが落ちなくなってしまっても、サーモスなら安心です。ゴムパッキンだけをバラ売りしているので、必要な部品だけを購入することができます。

これなら、多少値段がが高くても長く使えるので、結局は安上がりですね。

まとめ

僕は缶コーヒーやペットボトル飲料を買うのをやめて水筒にし、年間約4万円を節約しながら自分の好きな飲み物を楽しんでいます(水筒2本持ちです!)。

サーモスやタイガー魔法瓶の水筒なら保温が効くのでいつでも熱々、冷え冷えのおいしい飲み物を楽しめます。

水筒は本当におすすめなので、みなさんも水筒生活を始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、僕はサーモスの水筒にネスカフェ・ドルチェ・グストのカプセル式の美味しいコーヒーを入れています。「ネスカフェ・ドルチェ・グスト」について詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA