1. ホーム
  2. 日常生活
  3. メルカリ
  4. ≫メルカリで商品がどんどん売れるコツ、「いいね!」をもらって値下げをするのがポイント!

メルカリで商品がどんどん売れるコツ、「いいね!」をもらって値下げをするのがポイント!






この記事ではメルカリでたくさん「いいね!」をもらい、商品がどんどん売れるコツを紹介します。

メルカリを始めてはみたものの、商品が思うように売れない、あるいは「いいね!」はたくさん付くのになかなか買ってもらえない。そんな悩みはありませんか?

あまり意識していない人も多いですが、商品が売れない原因は、実は名前やプロフィール、商品の写真に原因がある場合が多いんです。

これらをある法則に従ってちょっと修正するだけで、出品した商品に「いいね!」がたくさん付くようになります。

そして、「いいね!」がたくさん付いた後に、値下げによる通知を利用すると、商品がどんどん売れるようになります。

スポンサーリンク

メルカリで一番大切なのは名前とアイコン

メルカリを初めて登録するとき、名前やアイコンを思いつきで適当に付けていませんか? 実はメルカリでは名前とアイコンを決めるところから勝負は始まっています!

メルカリで使う名前やアイコンを決める際に、心掛けたい3つのポイントを紹介します。

自分のショップを開店するつもりで

メルカリの名前とアイコンはショップ名と看板のようなものです。素敵なデザインの洋服があったとしても、ショップ名や看板が変だったらあまり買いたくないですよね。

自分がお客さんになったつもりで、こんなショップだったら買い物をしたいな、と思うような名前やアイコンにしましょう。

人を連想させない名前やアイコンにする

メルカリで売買する商品の多くは中古品です。自分が中古品を買う場合、いくら欲しいものでも売り手の名前が「ジョニー」だったら、なんとなく買いたくないですよね。

購入した商品を使っているときに「あ〜、これジョニーが使っていたモノか〜。」などと思い出すと、ちょっと複雑な気分になってしまいます(全世界のジョニーさん、例えに出してごめんなさい…)。

自分が商品を売るときにも同じことが言えます。商品を売るときは持ち主(自分)を連想させないような名前とアイコンにすることが大切です。

例えば、「みかん」「ひまわり」「ひつじ」など動植物をなどの名前や、「momo」「HaloHalo」など繰り返し言葉などの名前は持ち主を連想させないのでオススメです。

アイコンを選ぶ際も動植物ならそのままですし、「momo」なら「mo」、「HaloHalo」なら「Halo」などのアイコンをお絵かきアプリで簡単に自作することができます。

女性を意識した配色にする

メルカリの利用者は女性が圧倒的に多いので、女性を意識した配色にすることが大切です。ピンクやオレンジなどの暖色系やパステルカラーを基本にアイコンの配色を考えましょう。

名前が「momo」ならピンク色の丸の中に白で「mo」の文字を入れれば、自分だけのアイコンが完成です。とっても簡単ですが、おしゃれですよね!

出品者の人柄が出る温かいプロフィールを書こう

たまにメルカリのプロフィールに「返品はご遠慮ください」や「不要になったので出品します」などの表記をしている人を見かけます。こんなプロフィールを書いている人からは、なんとなく買いたくないですよね。

「なんか変なものを出品しているのかなぁ。」と不安に思ってしまします。

一方、「気に入らなかったらいつでも返品してください!」などと書かれていたら、「この人は信頼できそうだから、安心して買ってみよう!」という気持ちになりますよね。

ここまで極端な言葉で書く必要はありませんが、プロフィールには売り手(自分)の人柄が滲み出るような、そして、読み手(書い手)が安心できるような、温かい言葉で書くことが大切です。

ちなみに、僕はこんな感じのプロフィールを書いています。

はじめまして、メルカリ大好きのmomoです。

ご覧頂きありがとうございます(*^^*)

○○○○の中でまだまだキレイで使えそうなものを中心に出品しています。迅速、丁寧な対応を心がけますので、よろしくお願いいたします(*^^*)

お互いに気持ちの良いお取引をいたしましょう!

この文章は自由に使って頂いてかまいません!

商品の写真にこだわって「いいね!」をたくさんもらおう

メルカリに出品されている商品の写真で、以下のような残念なものをよく見かけます。

  • 写真が暗い
  • 撮影者の影が写り込んでいる
  • 背景が乱雑

こんな写真だと商品の魅力が半減してしまいます。

やっぱり、インスタ映えするようなキレイな写真は目に留まりやすいので、「いいね!」をもらえる確率が高くなります。

同じ商品が同じ値段で売られていたら、キレイな写真と乱雑な写真のどちらを選びますか? 当然キレイな写真の方を選びますよね!

このちょっとした手間が大切なんです! 詳しい撮影方法を知りたい人は、以下の記事をご覧下さい。

10%以上の値下げで「いいね!」をくれた人に通知がいく!

メルカリでは出品した商品を10%以上値下げすると、「いいね!」を付けてくれた人に値下げの通知が届きます。

ということは、「いいね!」がたくさん付いた後に商品を値下げすると、通知を受け取った人から購入してもらえる確率が格段に高まります。

僕はいつもこの機能を利用しています。やり方はこんな感じです。

最初の出品価格は売りたい価格よりも10%くらい高めに設定しておきます。そして、キレイな写真で買いたい人を惹きつけて「いいね!」をたくさんもらいます。

ある程度「いいね!」が付いたら10%値下げします。ほとんどの場合、この方法で購入してもらえます。

もし購入されない場合は、数日たってから再び10%値下げします。それでも売れない場合は、商品自体に魅力がないのかもしれませんね…。

まとめ

メルカリの取引はインターネット上で行われるとはいえ、基本的には人と人との取引です。そのため、名前やアイコン、プロフィールで売り手の温かさを伝えることは重要です。

そして、素敵な商品の写真で買い手を惹きつけて「いいね!」をたくさんもらい、10%以上の値下げで通知を届けます。

たったこれだけで、商品を購入してもらう確率が格段に高まりますので、是非とも試して頂きたいと思います。

メルカリの登録がまだの人は、こちら(↓)からどうぞ!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

メルカリ コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA